五月廿三日、の一日

 いやはや。。。疲れが溜つてゐたのか何と十三時間も寢てしまつた。


 澁谷に於て、十時から開始された「海軍記念日を祝ふ民族派有志聯隊運動」に參加。
 此度は、宮城縣道友による主催である。

 宮城縣の民族派陣營は熱い。彼らの熱誠によるものだ。
 こと運動に關しては小事を捨て大事に當る、黨派の垣を越えた一勢力であると云つても過言でなからう。
 雨天にも拘らず關東の團體も多く馳せ參じ、九十二名の有志が集つたと云ふ(實際にはもつと多くゐた氣がしたが・・・)。
 主催團體諸兄は日歸りだ。早朝に上京し、運動を終へると片付けをして、翌日の仕事を控へてゐる爲め、宮城縣へ歸つた。その姿勢には頭の下がる思ひである。
f0226095_19253827.jpg

※話してきました。汗。




 夜は横濱で行はれた義信塾主催の「横濱勉強會」に參加・・・・・。
と云つても小生、事情があり、勉強會には間に合はず。懇親會から參加した。汗顏。

 小生の席は山本白鳥宮司と阿形充規先生の前であつた。
 小生の坐らされた席が鬼門であつたか、テーブルを叩きながらの會話は正に終始白熱。餘談の赦されぬ空間であつた・・・・遲れた神罰を賜はつたのかも知れない。くわばら。
 だがしかし、迚も勉強になつた。
 後に弊社々員より聞くところによると、勉強會は九十名も集まりこれまた盛會であつたとのこと。
阿形先生の祝詞奏上もあつたとの由。事情さへ無ければ是非とも參加したかつた、と痛恨の極みである。
f0226095_1929381.jpg

※聞いてきました。汗。(箸も付けてをらぬ我が樣をみよ)
[PR]

by sousiu | 2010-05-24 19:18 | 報告

<< 青梅の齋庭にて 日露戰爭實記  捌   >>