青梅の齋庭にて

 今日は早起きして一路青梅へ。

「影山正治大人之命卅一年祭」に參列。嚴かに神事が執り行はれた。
大東神社、農場はいつ來ても宜い。かくなる齋庭が未だ存在することに心から感謝申上げたい。

 奉納行事に於て、大東吟道會による吟詠奉納も然りであるが、何と云つても青年學生有志による歌唱奉納[草莽有志の歌]は素晴しかつた。
「今時の若者らは・・・」などと嘆く大人たちがあるを聽くが、我々の側こそ彼らをして「今時の大人達は・・・」と嘆息させることなきやう心得るべきであらう。清々しくも逞しき彼らの歌聲に何やら嬉しく思つた。


 直會では三澤浩一先輩、國信隆兄と活溌なる意見交換。
 學生諸君による歌唱あり。そして全員で「櫻井の訣別」を熱唱した。

 維新の息吹は脈々と受け繼がれ、確固として存在してゐる。それを確信した。

f0226095_134253.jpg

[PR]

by sousiu | 2010-05-25 23:41 | 日々所感

<< 青梅の齋庭にて  續   五月廿三日、の一日 >>