向暑の候ふ。皆々樣、御息災に候ふ哉。

 今日は暑かつた。
 
 小生の地元、藤澤市にて。知人が自宅で主催する異業種のバーベキユー會に出席。「會」と云つても六人であるが。
 本人の立場もあらうので詳しくは書けぬが、主人、御堅い仕事に從事し乍らも骨の太さは一流だ。侠氣の塊だ。
 さういつた心魂を宿す人らとの會話は熱い。尤もカンヽヽ照りのせいもあつたが・・・・・汗。

 假令、違ふ世界の住人であれ、温度が等しければ話しは合ふ。
 逆に温度が違へば同じ住人であれ、さうもいかん。
 ついゝゝ勸められて、アルコールをニ杯も飮んでしまつた次第である。實に十年振りに久々のことだ。福田派破門なるか、さて。赤顏。

 遺憾乍ら、極めて一部、右翼の中にも左翼活動の資金カンパを手傳つたり、渡邊文樹の如きと握手をしたりする者もあると聽く。實に嘆かはしいことだ。
 右翼が敵の側に左袒したり、阿ることがあつてはならない。軟弱になつていかゞする。
 政治は妥協の産物である、とは聽いたことであるが、一方、思想は純度の結晶でなければならない。

 まあしかし、今日は熱かつた。時對協定例會も然りであるが、やはり人は馬齡を重ねても情熱だけは失ひたくないものである。
[PR]

by sousiu | 2010-06-06 21:52 | 日々所感

<< 自稱ばかり也。 ともあれ戰後史觀を脱却するが宜し >>