不貞寢だ

 今日も機關紙の作成にいとまが無い。
 一日中、振り假名を觸つたり、原稿を起こしたり。

 たつた今、惡夢が現實のものとなつた。

 小生のパソコンは古く、既に調子も惡い。
 防共新聞社埼玉縣支局長である、磯兄の玉稿に振り假名を觸つてゐたところ、突然、不具合ひが生じた。
 要するに、バグツた、てこと。

「若しや」と慌てゝ再起動したところ、何と八割まで進んでゐた振り假名がものゝ見事に無い。上書き保存してゐなかつたのだ。
 要するに、ドジツた、てこと。

 かなりのプラス志向な小生、いつも地味な作業も、「此のコツヽヽした作業がゴールに着實に向かつてゐる」と信じて前進してゐる。童話「兎と龜」の龜の氣持ちだ。

 だが。流石にまゐつたゝゝゝ。洪泣。
 まつたく。當たりどころがないとは今のことだ。

 兔も角、最早、兎の如く寢るまでだ。おやすみなさい。
[PR]

by sousiu | 2010-07-05 05:26 | 日々所感

<< 『日本を知れ』  徳富猪一郎翁... 再び、機種依存文字についての葛藤 >>