吉田松陰先生の書翰から

 留魂録に筆を執る少しく以前、江戸小傳馬町獄舍にて。

 松陰先生は松下村塾時代、高杉晉作先生より『男子は何處で死ぬ可きです乎』と問はれたことがあるといふ。
 確答出來なかつた松陰先生は、死を目前にした今、悟るところありて以下の如く高杉先生に囘答の書翰を差し出してゐる。
 
 昨日に引き續き、『吉田松陰―独り、志に生きる』より、引用したい。


松陰先生曰く、『今この獄中になつて、死の一字につき發見したことがあるので、いつかの君の質問に答へておく。死は怖れるものではなく、憎むべきものでもない生きて大業をなす見込みがあればいつまでも生きたらよい。死して不朽の見込みがあると思ふなら、いつどこで死んでもよい。要するに死を度外視してなすべきをなすが大事だ』と。

 この書翰について古川薫氏は以下のやうに記してゐる。
古川氏曰く、『これは高杉晉作の生き方を決定する重要な示唆となつた。「いさぎよく死ぬ」といふ武士の美學によつて、逃げることを恥辱と心得る人々が幕末に多く、あたら人材が消えて行く例がめづらしくなかつた。「神出鬼沒」といはれる一方ではよく逃げもしたが、晉作は「犬死」を避けて「不朽の見込み」のある死場所をさがしてゐたともいへる。松陰の門下生の中で、師の遺志を最高に實現させたのは高杉晉作だが、その行動を支へたのは、處刑寸前の松陰からさづけられたこの死生觀である。
 長州藩の藩論を討幕に確定させようとして苦鬪した松陰の悲願は、晉作による功山寺蹶起によつて達成されたのだが、それも「死して不朽の見込み」ありとして無謀とみられた擧兵の敢行がもたらせた結果であつた死を目前にした松陰のひとことが、その愛弟子を通じて歴史を旋囘させたのである」と。

 

 嗚呼。素晴しきなるかな哉、素晴しきなるかな哉。この師にありて、この門弟にあり。
 この先進に對して、果して後進の我らは奈何。
 高杉晉作先生、松下村塾御門弟のみ而已ならず、我らも先達に學ぶところ大にしてある可し矣。
[PR]

by sousiu | 2010-07-24 00:15 | 先哲寶文

<< 「昭和國民讀本」より思ふ 吉田松陰先生「留魂録」 ② >>