北陸道での三日間

 初日の十日は既記のとほり。富山縣に行き、城址公園を主として富山城下を巡る。

 翌日十一日は、石川縣へ。石川縣金澤市に鎭坐される護國神社にて行はれる「大東亞聖戰大碑建立十周年 副碑落慶記念式典」に參列した。此の日の朝、金澤は雨が降つてゐたと聽くが、祭事が執り行はれるころとなると暑いくらゐの晴天となつた。遠方からも多くの有志が集まり、嚴かに式典は進められた。
 其の後、阿形先生、大日本朱光會諸賢と金澤城下町にある東茶屋街を散策。文政のころ、當時の遊廓を整備して歡樂街となつたとか。江戸時代の雰圍氣に包まれた此の一畫は、まことに感慨深きものである。
f0226095_17553118.jpg

f0226095_17241177.jpg

※寫眞上。大東亞聖戰大碑。
f0226095_1750469.jpg

f0226095_1757872.jpg

※寫眞上。東茶屋街。


 最終日の十二日は、長町武家屋敷を遊歩。こゝも亦た江戸時代を彷彿させる一畫だ。阿形先生に多くの記念館や資料館に連れていたゞいた。武家屋敷を出ると、尾山神社へ。尾山神社は加賀藩祖前田利家氏を御祭神としてゐる御社で、重要文化財にも指定されてゐる。
 其の後、大日本朱光會・目代直人總隊長の引率により兼六園へ。恰度一年前にも訪れた兼六園であるが、見事な庭園は何度來ても見る者を飽きさせない。兼六園を出でると我々は金澤を後にし、關東への歸路についた。
f0226095_17524296.jpg

※寫眞上。長町武家屋敷。
f0226095_17533166.jpg

※寫眞上。尾山神社。
f0226095_17535956.jpg

※寫眞上。兼六園。
[PR]

by sousiu | 2010-10-14 17:41 | 報告

<< 北陸道での三日間の零れ話し 戻つて來た。 >>