『山口二矢供述調書』

 十一月十日。

 本日は午前中から展轉社へ伺ひ、「山口二矢供述調書 ー社會黨委員長淺沼稻次郎刺殺事件ー」(平成廿二年十一月二日『展轉社』發行)の封詰め、及び發送作業に精を出す。
 三澤浩一、福田邦宏兩先輩と荒岩宏奨兄、弊社の藏重貴總君の五人だ。

 過日、顯彰事業として弊社電腦瓦板でも有志を募つた「『山口二矢供述調書』出版ご協贊の御願ひ」にて、御協贊を賜はつた方々に御進呈する爲めのものだ。今日で全ての發送を終へた。
 御發送が遲れてしまひ、各位にはひたすら深謝申上げます。
 小生宛てに御問ひ合せもあり、皆樣方に於かれましては、何卒、御寛恕あらむことを。

 亦た、「山口二矢供述調書」は全國の書店で販賣される爲め、同志の皆樣には御一讀を御奬めするものである。
f0226095_3383327.jpg



 夕方戻り、二、三の所用を濟ませて、先程、來月號の「芳論新報」を脱稿。原稿の發送をコンビニに御願ひした。
 内容は本日、取り調べを受けた海上保安官の映像流出問題から、民主黨政權について、だ。三千字。
 一昨日から寢てゐないので、漸くこれからゆつくりと寢ることが出來るのだ。

 おやすみなさい。
[PR]

by sousiu | 2010-11-11 03:36 | 良書紹介

<< 日本人よ「愛國無罪」と訴ふる勿れ  『宣戰の大詔』より抄出 貳   >>