どうでも宜い日乘のやうになつてをりますが。

十一月十九日。

 市村悟兄に誘はれて、横濱驛西口にある「横濱エクセルホテル東急」へ。
「日本文化チヤンネル櫻」の某氏と會談を行なふといふ。一時間半ほど遲れて(汗)到着。既に市村、盛兩兄は會談してゐた。小生、「チヤンネル櫻」については詳しくない。某氏は勉強會の講師をしてゐるとの由。忌憚の無い意見交換で一時間ほど過ごした。

 小生は、其の後新橋で人と待ち合はせをしてゐたのだが、それも大幅に遲れてしまつた(汗々)。
 一ト度び遲れると全てが遲れてしまふので、此の日は謝り通しだ。
 新橋に到着すると、何と驛前で古本市が開かれてあつた。古本マニアの小生、時間の無いのが悔しい限りだ。
 横目で古本を視ながら急ぎ足をするが、何とも小生を呼び止める古書からのメツセージを感じた氣がして、次第に歩幅も狹くなり、遂には立ち止まつてしまつた。吁。
 待ち合はせの御仁も此の日乘を見てゐるといふ。時間に遲れる事は小生の短所かも識れないが、同時に隱し事の出來ないところは小生の其の短所を帳消しにしてもまだ餘りある長所だ。…と思ふが奈何。
 戰利品は「近代歌謠集」「平安朝日記集」「平安朝物語集」ほか也。
[PR]

by sousiu | 2010-11-20 20:17 | 報告

<< 十二・八 大東亞聖戰開戰記念 ... 福田派行動隊長 >>