甚御無沙汰致居候

 またゝゝ日乘が遲滯してしまつた。
 このやうな日乘でも、毎日平均すると卅名ほどの御方が立ち寄つてくれてゐる。一般的な日乘と比すれば、卅名の來訪者は多いの乎、尠いの乎、はて、分からぬが、小生にとつて卅名は大變難有き存在だ。
 「ぢやあ、もつと更新せよ」との嚴しき御叱咤も當然あらうと察する。
 まつたく返す可き言辭もない。
 但だ小生、當日乘一日目に申す、『然ればこそ、高所より人に向つて啓發するでなく、或いは廣く江湖に向つて訓言するでなく、たゞの氣紛れな閑人獨語の類ひ』と。
 御叱咤や御叱責を賜はり乍らも初心貫徹してゐる次第だ。

 昨今、實は書きたいことが山ほどある。だがこゝへきて、國防挺身會發行機關誌「芳論新報社」、大行社相模支部機關誌「志氣」や、其の他に拙稿の筆を取り、日乘まで迚も手が廻らなくなつてゐた。
 本年も殘すところ一个月。最も慌たゞしき時期なれども、小生ももう一ト踏ん張りいたしますゆゑ、皆々樣も御健勝あらむことを。九拜
[PR]

by sousiu | 2010-11-30 21:36 | 日々所感

<< 亂臣賊子といふ者は、その始め心... 十二・八 大東亞聖戰開戰記念 ... >>