重い腰もあがりました

 小生の、長い正月が終はつた。

 別段、留守にしてゐたわけでなく、病ひを患つてゐたわけでなく、災難に卷き込まれてゐたわけでもない。
 當日乘、御客人の御來訪があつたことも日々承知してゐたが、小生、所謂る居留守であつた。
 寔に申し譯ないと思つてゐる。汗。
 だが、居留守もゆゑあつてのこと。因みに居留守の内譯は、三分の一が讀書、三分の一が冥想、六分の一が惰眠、十二分の一が暴食、殘る十二分の一が炬燵でごろ寢、だ。かう云うては何だが、ごろ寢が居留守の理由の、僅か十二分の一であることが、我れながら救はれる思ひがするといふものぞ。

 今日は、本年最初の驛頭演説。今日から愈々始動だ。よつて、日乘も今日より再開することゝなる。

 改めて、御訪問くださつた皆々樣に於かれましては、小生の姑息な居留守も御笑恕いたゞき、本年も御引き囘しあらむことを。

                              主人 謹拜
[PR]

by sousiu | 2011-01-09 17:16 | 日々所感

<< 本年の抱負 新歳之御慶目出度申納候 >>