本年の抱負

 今日から、弊社機關紙「天地無邊」の執筆を始める。

 昨年度末にも記したが、今年は、途絶えてしまつてゐる「草莽崛起の集ひ」叢書の作成、發行にも着手せねばならない。
 亦た、今年は新しく、やりたいことがある。
 それ、とは。これまで收集した古書や和本をPDF(?)に纏めることだ。

 元來小生は、電子書籍などといふものは嫌ひだ。だが、若しも火事でも起こしたら、と考へると、不安は常に付纏ふ。
 常、竈三柱神社へ御詣りすることを心掛けてをるが、事實、數年前、小生は、煙草の不始末から我が事務所を火事にしてしまひ、故人より賜はつた樣々な書簡、既に入手困難なる貴重な資料を全て眞つ黒にしてしまつた經驗がある。號泣。
 ・・・さういへば、思ひ出したくもないが、その日は成人式前日、數年前の今頃であつた。

 從つて、今年は、少しづゝでもスキヤンして、最惡の事態に備へておかうと思ふ。

 序で乍ら、年の始めだ。特別に、小生が如何に火難を危惧するか、恥と共に披露しよう。
f0226095_1812549.jpg

f0226095_1813650.jpg

f0226095_18131647.jpg

 頁の一枚が、テイツシユペーパーを重ねた程度の和本については、火花でも焦げ難ねぬ紙質だ。
 一度び火が付けば、紙だらけの此の部屋は忽ち全燒だ。だがしかし。世間の流行まつたく意に介せず、此處は禁煙室ではない。寧ろ喫煙所だ。
 別室は弊社の機關紙を始め、他團體の機關紙、戰後から最近の本、雜誌で埋められ、最早、體を横にする丈の空間がない。來週、本棚を作り、改めて整理する積もりであるが、それでも紙の量が減るわけではない。
 

 因みに、小生の机まはりだ。↓↓
f0226095_18132875.jpg

 ↑先日、これでも大掃除をしたばかり。

 日乘では居留守をしたが、現實の日々ではその必要はない。

 ・・・誰れもこゝを訪れる者がないからだ。
 
[PR]

by sousiu | 2011-01-10 18:11 | 日々所感

<< 國家安からんを欲して眠る能はず... 重い腰もあがりました >>