自己嫌惡の朝、いや、夜。

 まつたく何といふことだ。


 水戸へ行つたのまでは、宜い。
 だが、歸つてからその後、何故に「寢るはうが執筆がすゝむ」などと考へてしまつたの乎。

 御蔭で大變なことになつた。本來ならば、廿日には、諸賢の手許に機關紙が屆いてをらねばならぬのである。
 焦る小生は、昨日から今日の晝まで、凡そ十六時間も書き續けた。勿論、その中には調べものをしたり、振り假名を觸る時間も含まれてゐるが。
 因みに十六時間の成果は、それでも機關紙二頁分でしかない。

 而して今日は、某月刊誌編輯長と打ち合はせの約束があつた。わざゝゞ編輯長T氏は、横濱まで出てきてくれることになつてゐた。
 小生、晝まで執筆して、途中からハツキリ覺えてゐない。たゞ一つ云へることは、今、布團から出て來たことだ。
 もう少し起きてゐれば編輯長の電話も出ることが出來たのだが。その時、「何だか眠くなつちやつた。かういふ場合ひは少しでも寢るに限る。そのはうが編輯長と話すにも頭が冴える筈だ」と思つた・・・・とは云はない。編輯長も、この日乘を監視してゐるから。


 最近、少しづゝ氣付いてきたことがある。小生の正體は駄目男なのではないか、と。でも、一つ、これだけは自信を持つて云へる。惡意は全然無い。
 編輯長には今、一所懸命、電話で謝つた。小生が大反省してゐること丈は通じてくれたに違ひない。


 自己嫌惡にとらはれつゝ、ふと目を横に向けると、小生の机まはりも、愈々、悽慘を極はめて來た↓ ↓ ↓。やはり駄目男・・・か? ・・・いや、待てよ。よく出來た積み木のやうに、微妙なバランスを保つことによつて、この高さを維持してゐる。こんな技、駄目男では到底出來ないぞ。駄目男どころか、我ながら、大したヤツだ。
f0226095_0371693.jpg

 とはいへ、思ふにこのだらしなく見える環境が、遲筆と生活の惡循環の原因・・・かもしれない。
 よし、これから、捩ぢり鉢卷きを締め、大掃除をするとするか。そのはうが氣分も一新、筆のすゝむこと、最早、間違ひなし。
[PR]

by sousiu | 2011-01-24 20:30 | その他

<< アナグマが穴から出た氣持ち 水戸に行つてまゐりました >>