男はつらいよ

 いさゝか宣傳が遲れたが、先週發賣された『漫画実話ナックルズ』(ミリオン出版發行)にある『ドルショック竹下のウラ社会の窓』といふ漫畫で、我々の運動が紹介された。

 ドルショック女史が自ら、舊臘に行はれた神奈川有志の會及び神奈川縣維新協議會の大會に參加し、それを漫畫化したものだ。
 四頁といふ、限られた紙面で實際の運動を忠實に描寫し、爾もなかゝゝ面白い。やはりそれはプロの力だ。

 例へば、↓↓↓のコマであるが、これも事實に基づく。
f0226095_001515.jpg


 横濱の一、二を爭ふ繁華街で、かくも奇聲をあげたこの勇敢なる漢は宮城縣の坂田兄か三森兄か、遠かつたのでどちらか遂ひに分からずじまいであつたが、確かにかういふ場面があつた。

 しかしよく見てゐるものだなア。事實に忠實過ぎるほどに忠實だ。繪も是れ又た上手だ。誇張など、姑息な手法を用ゐない、漫畫家のかゞみだと小生は思ふ。今後は、ドルちやんでなく、ドルショック先生と小生も呼ばねばなるまい。




 ん?待てよ。
 此度びの主な登場人物は伊藤満先輩と小生なのであるが、これが餘りにも對照的に描かれてゐることに氣が付いた。小生の細いだけではない鋭利な眼は、節穴なぞではない。


 伊藤先輩は終始、運動家の模範のやうに描かれてゐる。加之、好漢だ。↓↓↓
f0226095_003213.jpg


 あの因業オヤヂ、日頃小生には説教ばかりしてゐるくせに、女性に對してはさりげなくこんなイカした小技を演出してゐたのか・・・・・・。ドルシヨックもすつかり顏を赧めてからに。





 それに引き換へ小生は、まつたくウザいキヤラになつて描かれてゐる。↓↓↓
f0226095_004729.jpg


 ドル而已ならず、長島女史まで歸りたさうな顏してからに。語つてゐる時は夢中になつてしまひ不覺にも氣付かなかつたが、二人とも露骨に嫌さうだ。「語れ」といふから語つただけなのに、これは一體どうしたことか。さつぱり分からん。吁。





 ドルショック竹下女史は事實に忠實なる、漫畫家の鑑だ。

 但し、今少し男を見る眼を養ふことが出來たらば・・・、だ。
[PR]

by sousiu | 2011-02-22 00:03 | その他

<< 宜き一日でした。 勉強してきました >>