變態かな?・・・ぢやないよ、「變體がな」だよ  

 昨日は、時對協定例會。

 また新らしい同志も來遊し、いつもこの會は賑やかである。
 福田邦宏議長の御高配により、はからずも愚論を披露する時間をいたゞいた。
 おほけなくも「靖獻遺言」の大功と現代の觀察について持論を少々。

 われながら拙い持論であつたが、諸先輩、同兄は眞意を察して下さり、頷いてくれてゐた。その後はそれを敲き臺として、福田議長、丸川仁道兄をはじめ多くの意見が出された。今度は小生が頷いてゐた。忽ち二時間が經ち、閉會。丸川道兄曰く、「(時間が經つのが)早いな」と。
 しかれども。かうした話題で盛り上がるといふのも、諸兄が相當奇人であることの證左である。
 ちよつと、なかゝゝかういふ話題で終始盛り上がる會合も多くはないのではあるまいかと思ふ。

 戻り大阪の時對協メンバーである日本實踐奉仕團・志賀兄と電話で語り合ふ。
 電話を終へると深夜の二時半であつた。彼れもまた、ひとかたならぬ奇人だ。仙臺の坂田兄同樣、既に、一見してそれだ。二人とも、彼女がゐると小生に主張し、モテるとまでは云はずとも一般の好男兒の如く裝ふが、小生、それすら嘘だと見拔いてゐる。

 ・・・といふわけで、今日は昨日上つた話題に關連して、書籍を一册紹介する。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 http://www.nobarasha.co.jp/
 ■■「野ばら社」→表紙畫面下「書道」→208「変体がな入門」

f0226095_14165730.jpg

[PR]

by sousiu | 2011-03-04 14:17 | 良書紹介

<< 先進の勞に只管ら仰慕仕り申す 力をも入れずして天地を動かし、... >>