それでも人道の心臟は日本の内に鼓動してゐる  

●時事通信社による報道に曰く、
『なぜ略奪ない?…米TVで意見募集

「なぜ略奪ないの?」=被災地の秩序、驚きと称賛―米
(時事通信) 2011年03月16日 18時03分


 【ワシントン時事】東日本大震災の被害や福島第1原発事故が連日、トップニュースで伝えられている米国で、被災者の忍耐強さと秩序立った様子に驚きと称賛の声が上がっている。「なぜ日本では略奪が起きないのか」―。米メディアは相次いで、議論のテーマに取り上げている

 CNNテレビは、2005年に米国で起きたハリケーン・カトリーナ災害や10年のハイチ大地震を例に「災害に付き物の略奪と無法状態が日本で見られないのはなぜか」として意見を募集。視聴者からは「敬意と品格に基づく文化だから」「愛国的な誇り」との分析や、「自立のチャンスを最大限に活用する人々で、進んで助けたくなる」とのエールも寄せられた』と


http://news.goo.ne.jp/topstories/world/729/ab060f4db6e56ad7a74d8702edd00012.html



 世界は注目してゐる。日本の道義と精神は、今猶ほ雲表に巍立せん富嶽のごとくあるか、と。
 人の正體は困窮のときに現はれるといふ。困窮にその身を投じた日本人は、彼れらに斯くなる感想を抱かせたのだ。
 世界の感歎我が譽まれ。鐵の如き國民の團結が得られ、斯くなる注目と稱讚を賜はらば、何ぞ地震、何ぞ地鳴り、豈に恐るゝべけんや。東西の別なく國民は更らに協心團結して、被災者救出・支援、被災地復興を見事成し遂げ、而、災害時・緊急時に於ける萬國の手本と相ひ成らむ。

 被災地で御奮勵される方々に改めて、深々と敬服する次第である。
[PR]

by sousiu | 2011-03-16 22:37 | 報告

<< 不便により有難きことを學ぶ可し... 混亂のなかの希望  >>