追記

 そんな坂田君が、昨日發賣された『実話マツドマツクス』五月號(コアマガジン社發行)で、地震について被災地から發言してゐる。

 彼れは、當日乘でも時折奇聲を發してゐる、右翼陣營のなかでも取り分け、變はつた男だ。
 小生は、彼れと大阪の志賀君の二人は彼女がゐない、と見拔いてゐるが、それでも彼れ坂田君はマツドマツクス紙面でも彼女が存在することをさり氣なく主張してゐる。

 兎に角、苦境のなかでも元氣でやつてゐることが嬉しい。
 諸賢にはコンビニで『実話マツドマツクス』を御見掛けの折り、是非とも御一讀願ひたい。
f0226095_054129.jpg

[PR]

by sousiu | 2011-04-08 21:05 | その他

<< 水戸に於ける被災の爪痕 みなさん、御用心ください。 >>