被災地からの一報より

 宮城縣仙臺市の義徳塾 宮城縣運動局 三森健治君よりいたゞいたメールを掲載したい。

 三森君の曰く、
『>此の畫像は昨日、仙臺市蒲生地區の光景です。
>此の倒壞した家屋に日の丸が靡いてゐたのを發見し向かつた處、哀しくも凛として靡く國旗に感動を覺えました。
>此の家屋は地震前日の十日陸軍記念日に國旗を掲揚してゐた事が窺へます…。
>
>昨今、閑東も地震が増えてゐる樣に窺へます。
>何卒御身體御自愛下さいますやう御願ひ申し上げます。
>
>
>※畫像二枚目は鎭守の御社の現在です。海水が引き砂濱に成つた處で近くに向かひ畏れ多くも撮影致しました』
と。

f0226095_23542784.jpg

f0226095_23545072.jpg

[PR]

by sousiu | 2011-04-15 23:54 | 報告

<< 次代に要されざるものは去り、要... 日本人は頗る強くなつてゐる。 >>