大阪へ 二 

 大阪へ着いた翌日、六月十二日は志賀ナビに隨ひ、寢屋川で行はれてゐるといふ全國愛國同志社連盟の驛頭演説會に飛び入り參加。
 得體の知れない關東者の突如とした登場にも、主宰團體諸賢は快く迎へてくれた。
 この演説會は他團體の方々もをられ、その中には日頃御世話になつてゐる日本民族行動会議の細田議長の姿があつた。
 到着した時は、恰度細田議長が演説をしてをり、小生の顏を見ると議長はマイクを握りながら驚いた顏をしてゐた。

f0226095_346993.jpg

↑ ↑ ↑ 日本民族行動会議・細田政一議長。

f0226095_3463161.jpg

↑ ↑ ↑ 得體の知れぬ關東者。

f0226095_3571255.jpg

↑ ↑ ↑ 全國愛國同志社連盟諸賢。


 大阪の團體も熱い。大阪には大阪の、神奈川には神奈川のスタイルと云ふものがあるのだらうが、だから良い。皆同じでは面白くない。志と熱と意氣は同じであれば、それで宜いのだ。


 その後は、志賀君の案内により同和地區他、神社、忠魂碑などを訪れた。
 同和地區は反近代・・・とした意識があつてのことか否かは分からぬが、昔の風情が遺されてをり、野生何故か無駄に近代化された無機質な都會よりも餘程心が安らぐのである。
 先日も日乘に記したが、野生はさうした場所を見學することが好きなのである。
f0226095_3484120.jpg

↑ ↑ ↑ 神崎新地に御座ます稻荷大神の前で。志賀君。


 この日の大阪は雨。志賀君の行きつけの居酒屋へ連れて行つていたゞき夕食。
 難有いことに志賀君からもう一日泊まるよう勸められたが、彼れは翌日、仕事だと云ふ。
 其の日の宿泊代を翌日の留守番代の手當てで相殺すると、野生のはうが損をするので、別れを惜しみつゝ歸路へと向かつた。
 歸路は豪雨。結局神奈川へ歸るまでの六時間、一度も雨の止むことは無く、相當しんどい走行であつた。
 泊まつたはうが良かつたな・・・。



f0226095_3512532.jpg

          ↑ ↑ ↑ オマケ。志賀邸を七年間留守番する忠犬「テン」君。
              志賀君版人面犬の如く、ウリ二つ。スゴイ面魂だ。
[PR]

by sousiu | 2011-06-14 03:53 | その他

<< 神奈川有志の会再び。  大阪へ 一   >>