同級生以外は面白くない記事です。 

 野生は昭和四十五年生まれ。三碧木星だ。

 ものゝ本によれば、平成廿四年に於ける、三碧木星は、曰く、
『今年のあなたの本命星は「準備宮」にあります。昨年の運氣最低の域からは脱却しましたが、まだ、本調子ではありません。前に進むことだけでなく、左右もよく見て、できるだけ多くの人と會つて會話を交しませう。バツテリーの充電も今年前半で滿杯になります。焦る氣持を抑へてください』と。

 又た、『三碧木星の基本運』に曰く、
『三碧木星の基本的な方位は東方です。東方は太陽が地平線上に表れて天に昇り始める方位です。
 季節は草木の萌え出づる三月を象徴し、春雷の響きのやうに豪氣果敢な氣を有し、陽氣の日光を浴びて、芽を吹き出したばかりの水々しい若木です。
 負けず嫌ひで活動家で、快活で進取の氣質に富み、どんな苦勞もいとはない積極的な人です。周圍の人の好感を呼び、卅代でも人生最大の隆盛期に入り、重要な地位に就く人が少くありません。
 短氣と勇み足の行動を愼めば、サツパリとした人柄が人に愛されて交際も豐かになります。早い時期に、獨立心を持ち、不屈の精神修養を體得すれば、若木の勢ひで出世コースを歩むことは間違ひありません。
 頭腦が優秀だから、カンが鋭く、先見の明があるので、早くから頭角を現す。しかし、繼續の努力が足りないから、中年以降、運氣が沈滯氣味となり、無益な出費で大切な財産を失ふこともあります。氣持の大らかさと包容力が乏しく、狹量な人となりがちなので、清濁合はせ呑むやうな大らかさを持ちながら、對人關係に留意して、人情味のある生き方をしていきませう』
・・・・・だつて。

 因みに、同じ三碧木星の人は、大正十四年、昭和九年、同十八年、同廿七年、同卅六年、同四十五年、同五十四年、同六十三年、平成九年、平成十八年。
 昭和四十五年生まれの場合の今年の指針は、
『精神的に安定と充實を圖る年頃。長年の夢や構想に對する考へを再檢討して整理しよう』と。

 厄年でもあるし、今年は自重することが必要だな。

 同級生は充分、留意す可し。
[PR]

by sousiu | 2012-01-03 23:58 | その他

<< 有志の誰れか文運の興隆を願はざる   あけましておめでたう御座います   >>