ほめ殺しを受けました 

 及ばずながら、維新政黨・新風に命ぜられ、今月廿四日、ニユー新橋ビル地下二階で、野生が卑見を披露することゝなつた。十四時半開場、十五時開演とのこと。
 大した話しも出來ないので、野生から廣告することも躊躇するが、一應、お約束として憚りながら宣傳を。


 それにしても、このチラシを作成したのは金友君であると拜察するが、これまた、持ち上げてくれたものだ。
 彼れの國士舘大學在學時分から識る一人として野生は、彼れが大きく成長したことを認めねばならない。
 何となれば、これまで猪武者の如く、或いは鐵砲玉の如く、抗議一徹、猪突猛進型の彼れが、姑く見ない内に、「ほめ殺し」なる高度なテクニツクを身に付けたからだ。古言に曰く、男兒三日會はずば、刮目してみよ、と。
 既に氣も重たくなつて野生はヒキコモリを再開した。つまり自らの選擇によつて外出禁止、面會謝絶となつたのだ。
 渡●●樹氏はじめ、反日の者らでは野生にこれほどのダメージを與ふる能はず。排害社、侮り難し。
f0226095_2219556.jpg

※維新政党 新風 →→ http://www.shimpu.jp/?hombu48
[PR]

by sousiu | 2012-03-06 22:22 | 報告

<< “住まう”   小論愚案。求學求道。二。  >>