國信兄に會つてきました。 

 本日は、木川智兄と麹町警察署に留置されてゐる國信隆士兄に面會。
 今日から接見が出來るやうになつた。

 國信兄は相變はらず元氣であつた。留置場のなかでも、宮城に向かひ遙拜することを欠かさぬといふ。
 麹町警察署の署員も、彼れの禮儀正しきことを迚も感心してゐた。人は如何なる時、如何なる場所、如何なる環境であれ、背筋を伸ばして毅然としてゐたいものだ。

 面會中でも彼れは、頗る朗らかであつた。少しの悲嘆する樣子がない。尤も、心中は別であらう。誰れが好き好んでこのやうな場所で生活しようと思ふのか。
 ところで警視廳では四月一日から一切、喫煙が出來なくなるとのこと。野生が以前、お世話になつた時は、朝の運動の時間は固より、取り調べの間は喫煙も出來てゐた。今では取り調べの最中でも喫煙は許されない。來月からは、運動の時間も禁煙になるといふ。今日、國信兄からこの事を聽いて始めて知つた。
 恐れを知らず、且つ、豪放磊落な彼れであるが、四月一日からの禁煙には、いさゝか弱音を吐いてゐたところが面白い。


 國信兄の假り住居である麹町警察署を出て、木川兄と 宮城へ。二人で遙拜す。而、只今、歸宅。
[PR]

by sousiu | 2012-03-28 21:58 | 報告

<< 情報化社會の利あり。 正氣重ねて發生の時は必ずある也矣。  >>