明治天皇の御偉業をしのぶ 

 昨日は 明治天皇が崩御遊ばされて百年の日でありました。
 宮中では嚴かに「明治天皇百年式年祭」が執り行はれました。「皇靈殿の儀」におかれまして、天皇陛下は束帶をめされ、おそれおほくも國民の仕合せと國家の繁榮を御祈願あそばされる御告文が奉られました。
 京都の伏見桃山御陵では、勅使を御差遣あそばれ、「明治天皇百年式年祭の儀」が齋行されました。
 明治神宮では廿九日の十五時から「明治天皇百年祭前日の儀」が行はれ、昨日卅日は 天皇陛下からの幣帛が奉られまして、「明治天皇百年祭」が執り行はれました。
 懸けまくも畏き、明治天皇は、御若年にして、國内二分、外壓滔々、まことに稀有の國難に際せられました。 それにも關はらず 皇國は恰も亂れる麻の如き國情を一刀の下に兩斷し國内平定、加之、國威發揚、皇國の眞面目を發揮するに至つたことは、明治天皇の御威徳であることは申し上げるまでもなく、併せて、先人の 皇業を翼贊する、皇運を扶翼せむとする赤心が、忝くも神慮に達せられた爲めであることも決して忘却す可からざることである。

 今日、天變地妖未だ息む能はず。御時勢をみれば不安も累々、人心は是れ又た失望と猜疑と怯懦に支配され、政界をはじめ之を挽囘せむとの思案と試みが重ねられるも如何ともし難く、手を置く有り樣である。
 民間では、不平黨と不滿黨が跋扈し、自ら世直し氣分に浸るもその實、民主思想から出で來る無責任、他力本願なる苦情を連投し、混濁の世を一層、混亂せしめてゐる。
 斯くなる折、明治天皇百年祭がおこなはれましたことに、野生は寓意あるを思はざるを得ない。
 如上、明治御一新の偉業は、雲上より神慮冥助を給ひましたのみならず、下々の赤心、力めて皇恩に報ぜむとする民の志があつたことも忘れてはならない。

●福永武兄、不二歌道會發行『不二』(通卷第七百五十一號、平成廿四年七月廿五日發行)、卷頭言に曰く、
 『明治天皇百年祭を迎へるに當り、明治大神の御前に、我々は改めて祖國再建の祈りと誓ひを捧げねばならない』と。

 忠義の狗となるとも亂離の人とならず・・・。野生の常肝膽に銘ずるのことばだ。
[PR]

by sousiu | 2012-07-31 16:22 | 日々所感

<< またまた無沙汰致しました。 皇都での一日  >>