『帝室論』 三 

●福澤諭吉氏、『帝室論』 三に曰く、
『人或は我帝室の政治社外に在るを見て、虚器を擁するものなりと疑ふ者なきを期す可らずと雖ども、前に云へる如く、帝室は直接に萬機に當らずして萬機を統べ給ふ者なり、直接に國民の形體に觸れずして其精神を收攬し給ふ者なり。專制獨裁の政體に在ては、君上親から萬機に當て直に民の形體に接する者なりと雖ども、立憲國會の政府に於ては、其政府なる者は唯全國形體の秩序を維持するのみにして、精神の集點に缺くが故に帝室に依頼すること必要なり』と。

 これは前記に述べたものを繰り返したもの。當時の政體の持てる力の限界を指摘し、その視點から氏なりの 皇威と云はずんば、皇徳を説いてゐる。


○曰く、『人生の精神と形體と孰れが重きや、精神は形體の帥なり、帝室は其帥を制する者にして兼て又其形體をも統べ給ふものなれば、焉ぞ之を虚位と云ふ可けんや。若しも強ひて之に虚位の名を附せんと欲する者あらば、試に獨り默して今の日本の民情を察し、其數百千年來君臣の情誼中に生々したる由來を反顧し、爰に頓に國會を開て其國會のみを以て國民の身心を併せて共に之を制御せんとするの工夫を運らしたらば果して大に不可なるものありて、大に要する所の者あるを覺ふ可し。其要する所のものとは何ぞや、民心收攬の中心にして、此中心を得ざるの限りは到底今の日本の社會は暗黒なる可しとの感を發することならん。左れば帝室は我人民の依て以て此暗黒の禍を免かるゝ所のものなり。之を虚位と云はんと欲するも得べけんや、讀者も心に之を發明することならん』と。

 このあたりの筆法は、最近の時局憤慨に氣焔を吐くが如き論には到底見當る可くもない。といふよりも、近年、かうした論が少なくなつてきたやうに見受けられるも又た寂しきことである。


○曰く、『例へば一利一弊は、人事の常にして免かる可らず、寡人政治の風を廢して人民一般に參政の權を附與し、多數を以て公明正大の政を行ふは國會の開設に在ることならんと雖ども、之を開設して隨て兩三政黨の相對するあらば、其間の軋轢は甚だ苦々しきことならん。政治の事項に關して敵黨を排撃せん爲には、眞實心に思はぬ事をも喋々して相互に他を傷くることならん。其傷けられたる者が他を傷くるは鄙劣なりなど論辯しながら、其論辯中に復讎して又他を傷くることならん。或は人の穩事を摘發し、或は其私の醜行を公布し、賄賂依托は尋常の事にして、甚しきは腕力を以て爭鬪し、礫を投じ瓦を毀つ等の暴動なきを期す可らず。西洋諸國大抵皆然り、我國も遂に然ることならん。文政天保の老眼を以て見れば誠に言語道斷にして國會などなきこそ願はしけれども、世界中の氣運にして、此騷擾の中に自から社會の秩序を存し、却て人を活溌に導く可き者なれば、必ずしも之を恐るゝに足らず』と。

 この如き一節は今日の憂慮そのものである。然も注目されるは、「國會などなきこそ願はし」といふ件りだ。氏は「世界中の氣運」として取り敢へず、之を消化してゐる。國會なぞ、無きものとなる世は如何なるものぞ。こは殘念ながら未來の識者に訊ねるほかあるまい。


○曰く、『然るに爰に恐る可きは、政黨の一方が兵力に依頼して兵士が之に左袒するの一事なり。國會の政黨に兵力を貸す時は其危害實に言ふ可らず、假令ひ全國人心の多數を得たる政黨にても、其議員が議場に在る時に一小隊の兵を以て之を解散し又捕縛すること甚だ易し。殊に我國の軍人は自から舊藩士族の流を汲で、政治の思想を抱く者少なからざれば、各政黨の孰れかを見て自然に好惡親疎の情を生じ、我は夫れに與せんなど云ふ處へ、其政黨も亦これを利して暗に之を引くが如きあらば、國會は人民の論場に非ずして軍人の戰場たる可きのみ。斯の如きは則ち最初より國會を開かざる方、萬々の利益と云ふ可し』と。

 これは戰後生まれの我々には、ちと非現實的と考へられないでもないが、明治十五年の當時に於ては必ずしも杞憂と一笑に付す可き類ひではない。


○曰く、『斯る事の次第なれば、今この軍人の心を收攬して其運動を制せんとするには、必ずや帝室に依頼せざるを得ざるなり。帝室は遙に政治社會の外に在り、軍人は唯この帝室を目的にして運動するのみ。帝室は偏なく黨なく政黨の孰れを捨てず又孰れをも援けず、軍人も亦これに同じ。固より今の軍人なれば、陸海軍卿の命に從て進退す可きは無論なれども、卿は唯其形體を支配して其外面の進退を司るのみ、内部の精神を制して其心を收攬するの引力は獨り帝室の中心に在て存するものと知る可し。且又軍人なる者は一般に利を輕んじて名を重んずるの氣風なるが故に、之が長上たる者は假令ひ文事理財等に長ずるも、武勇磊落の名望ありて其地位高きに非ざれば任に適せず、今の陸海軍の將校が其給料の割合に比して等級の高きも、是等の旨に出たるものならん』と。

 之は當然のことだ。この當然たる理窟が、改憲論者から生じ來たらないのは何故であらう。啻に現行憲法第九條を批判するも、達成された後の軍隊に於ける精神的支柱は如何にする。市ヶ谷に於ける三島由紀夫烈士の憂國の雄叫びも、現在の改憲論者の前では空しくあるのみ矣。


○曰く、『又亞米利加の合衆國にては宗教も自由にして、政府に人を用ゆるに其宗旨を問はずと雖ども、武官に限りて必ず其國教なる耶蘇宗門の人を選ぶと云ふ。蓋し他宗の人は兔角世間に輕侮せられて軍人の心を收るに足らざればなり。武流の人が名を重んずるの情以て見る可し。然るに今國會を開設して國の大事を議し、其時の政府に在る大臣は國會より推薦したる人物にして、偶々事變に際して和戰の内議は大臣の決する所なりとするときは、陸海軍人の向ふ所は國會に由て定めらるゝ者の如し、軍人の進退甚だ難きことならん。假令ひ其大臣が如何なる人物にても其人物は國會より出たるものにして、國會は元と文を以て成るものなれば、名を重んずるの軍人にして之に心服せざるや明なり。唯帝室の尊嚴と神聖なるものありて、政府は和戰の二議を帝室に奏し、其最上の一決御親裁に出づるの實を見て軍人も始めて心を安んじ、銘々の精神は恰も帝室の直轄にして、帝室の爲に進退し帝室の爲に生死するものなりと覺悟を定めて、始めて戰陣に向て一命をも致す可きのみ、帝室の徳至大至重と云ふ可し。僅に軍人の一事に就ても尚且斯の如し、我輩は國會の開設を期して益々其重大を感ずる者なり』と。

 これまた然り。民主政治に對する憂慮を軍隊との關係から説いてゐる。


 先頃、締切りを一日、延ばしていたゞかうと、「不二」編輯部に御願ひの申入れをした。
 快く(・・・か否かは不明だが)、これを承諾してくれたので、つひ氣晴しに日乘の續きを記した次第である。「不二」の原稿は兔角緊張を要するのである。
 「帝室論」も「不二」拙稿も、やうやく四分の一のところまできた。さて、これから、本氣で原稿を書き上げてゆく積もりだ。
[PR]

by sousiu | 2012-09-16 00:45 | 良書紹介

<< 閑話休題。  『帝室論』 二  >>