北海道で勉強しました。 

 本日(十四日)は、「日本の北と南から見た領土問題を考える」と題された講演を拜聽。
 琉球の問題とアイヌ問題を研究する二人が公開討論するといふものだ。講演會のスタツフであり、保守思想を專問に研究してゐる中舘氏よりお誘ひを受け、山口會長と參加した。
 會場は盛況で百人くらゐはゐたであらう。思ひがけず久々に知人とも再會し、有意義な時間であつた。

 恵隆之助氏は沖繩縣コザ市生まれ。現在、拓殖大學客員教授を努める傍はら、執筆活動も精力的におこなつてゐる。
 一方、砂澤陣氏は、アイヌ研究に造詣深く、各誌で論文を發表してゐる。

 どちらの講演も興味深く、知らないことが多くあつた。講師のお二人とお誘ひくださつた中館氏にはあつく感謝を申し上げたい。

 中館氏はこのやうな講演會や勉強會を週に一度開催してゐる。今後益々の活躍したい。
f0226095_0151696.jpg

 
[PR]

by sousiu | 2013-04-15 00:17 | 報告

<< 縣居門 その二。村田春海翁  札幌に來てをります。  >>