贈從三位 賀茂眞淵大人 その廿一。藏書目録 

 近代國學に於ける縣居大人の功績は頗る大である。
 これまで綴つてきた偉大なる先哲を輩出したことは、固より大人の卓拔なる見識及び學識と、大人の生涯を通じて學問に對するその熱烈なる姿勢の産物であつた。
 茲で參考として、大人の藏書を掲げむとする。その人を研究する場合、その人が如何なる書を藏してゐたかを識ることは、その學説が成立する過程に於て、或は系統を推し量る意味に於ても興味の深いものである。

 下記は佐々木信綱博士の著書『賀茂眞淵と本居宣長』(昭和九年十二月二日「弘文社」發行)[六五頁]を出典としたものである。
 佐々木博士曰く、
『今度、堤朝風の隨筆朝風意林の中にある賀茂眞淵翁の藏書目録を、森銑三君から示されて見ることを得た。これは、翁の歿後二年を經た明和八年三月七日に、門弟の尾張黒生、伊能魚彦、村田春海の三人が、遺書の目録を作つたもので、それまでに散佚した書物も或はあつたかも知れぬが、大體に於いて、翁の藏書の範圍を知るに足り、從つてその學問の由つて來るところを知るに足る、云々』と。



縣居藏書目録

    第一番
 萬葉集 [一二之卷欠]   廿卷
 無點萬葉集 [自一至八四册入此笥餘六册入第五番]  廿卷[合爲十册]
 日本書紀  卅卷[合爲三卷]
 日本書紀  卅卷[合爲十三卷]
 古事記 [古板]  三卷
 古事記 [上卷古板、中下卷鼇頭本]  三卷
 假名書古事記 [上卷欠]  下一卷
 風土記  一卷
 風土記春滿考  一卷
 延喜祝詞式 [大本]  同
 令義解 [卷ノ一末卷一册、卷ノ六並欠]
 令義解 [卷ノ五欠]  十卷
 令義解 [卷ノ十]  一卷
 和名類聚鈔  八卷
 土佐日記  二卷
 梁塵愚案抄  二卷
  同       二卷
  同 [合册]  二卷
 催馬樂譜  一卷
 催馬樂譜   同
 神樂譜  同
 東遊神樂  同
 東遊風俗  同
 職原抄  同
  同 [上卷欠]  下一卷
 鎌倉右大臣家集 [上卷欠]  二卷
 古今集  二卷
 古今集  二卷
 古今六帖  九卷

    第二番
 檜山拾葉集  二卷[合册]
 勢語竄論  二卷
 勝地吐懷篇  同
 古今集序傳説 [縣主自筆]  一卷
 律職制 [衞禁]  一卷
 類聚雜要  三卷
 佛足石碑銘  一卷
 和字正濫鈔 [卷一二、二册欠]  五卷
 神名帳 [小册]  三卷
 大和めぐり  一卷
 淨土三部抄  六卷
 朝野羣載  同
 名例律  一卷
 歌林類案、童子問  合一卷
 古日記  同
 古今六帖  八卷
 古今六帖 [大本、卷一欠]  六卷
 令集解  十五卷
 萬葉語類  十六卷
 日本紀語類  十卷
 古今集助辭  一卷

   第三番
 源氏物語 [素本湖月本合爲一部][内目録一卷、一、二、十二、十三、四十、四十一、四十七、
                四十八、四十九、五十、五十一、五十三、總十二卷闕]  四十三卷
 湖月抄 [青表紙、唐草模樣]  十四卷

   第四番
 御考私記 奉對案竝雜案  一卷
 田安 奉對案[皇朝度量權衡小考大饗差物八種考]  一卷
 [延享戊辰田安]奉對案第四  同
 眞淵雜録  同
 後撰和歌私考  同
 對問 [淨土三部抄考]  二卷
 [桃華蘂葉中之考八條、御作服飾管見抄書一條][賀茂眞淵奉命答辨八條、御作服飾漫語抄
                                書六條]  合一卷
 續萬葉古諷  一卷
 帛御禮服之辨  一卷
 さいばりもの譜  同
 車服拔萃 [縣主自筆]  同
 御考之答 [みいむすび平手つがひの御考云々]  同
 高橋若狹守對問ノ案記  同
 源氏裝束抄 [縣主自筆]  同
 百人一首考序 [同上]  一卷
 百人一首古説卷二 [同二明和二年十月再考]  一卷
 祝詞考 [上卷]  一卷
 語意  一卷
 權衡小考 [自筆]  一卷
 自筆青表紙小册  同
 萬葉新採 [上卷欠]  二卷
 延喜式祝詞解 [卷六出雲國造神壽詞]  一卷
 應問稿 [自筆]  一卷
 [寛保三年九月金吾君]再奉答  一卷
 古事記私記  一卷
 机案臺ノ三ツ云々 [自筆]  同
 奉對金吾君案 [正月七日七種ノ内五形ノ事云々]  同
 伊勢物語古意 [數本雜亂非全本有缺脱]  七卷
 古今歌集序凡考 [再考]  一卷
 新採古今百首  一卷
 古今集拔萃 [小册]  同
 古今和歌集考一  同
 古今集私記序  同
 古今集注  同
 よの中に云々  同
 古今集古注論、國歌臆説  合一卷
 物具裝束抄  同
 裝束飾抄  同
 大儀殿庭裝束圖、大儀禮服冠圖  合一卷
 撰塵裝束抄作者考 永綱裝束抄  一卷
 雅輔裝束抄  二卷
 裝束口訣  一卷
 西宮抄  三卷
 百練抄  四卷
 古寫著聞集  二十卷
 古筆朗詠  一卷
 田安御考裝束類雜書 [並在滿奉對案、倭文子紀行等]  三十四卷
 江次第箚記  一卷
 縣主自筆反古  一包

   第五番
 延喜式 [内二卷欠、祝詞之卷入第一番在滿考訂本]  五十卷
 三代實録 [在滿考訂本]  十卷
 文徳實録 [考訂本]  五卷
 令義解  八卷
 無點萬葉集  六卷

              右明和八年三月七日 集録
                          黒主   魚彦   春海
  
[PR]

by sousiu | 2013-04-30 16:56 | 先人顯彰

<< 贈從三位 賀茂眞淵大人 その廿... 縣居門 その十五。進藤筑波子刀自  >>