御無沙汰してをります。笑 

 御無沙汰に過ぎて照れるのですが、久々に更新してみます。

 といふのも本日、青思会・鹿島先生より連絡あり。アルコールも入つてゐないであらう時間にも係はらず、苦情の内容であつた。
 平身低頭、謝罪し、ことなきを得たものゝ(逆らつたり言ひ譯すると更らに事態は惡化の一途を辿る)、電話の切り際にこの日乘が更新されてゐないことにまで御言及され。次囘は野生が生まれつきジヤニーズ系の顏であることにまでイチヤモン付けられたら面倒至極なので、この最後の御苦言にも從ひ、再度更新を決意した次第である。

 この半年間更新をサボり、實におほくの方々から御心配の聲を賜はつた。態々電話を下さつた方もあり、電話に出ると「なんだ、生きてたのか、・・・殘念」と何が何だか分からぬが、落胆された御仁もあつた。吁
 かう見えても河原、未だ世捨て人にはなりきれてをらぬやうで、これでも最近はそれなりに忙しい日々を過ごしてゐたのである。
 以前ほど運動には參加してゐない。然れ共、腐つても河原、人間性も微志も信念も思想も、加へて節操も方針も、些かも變節することなく、今日猶ほ已然のまゝであると自認してゐる。

 吉田松陰先生『東北遊日記』に於て曰く、
「有志の士、時平らかなれば則はち書を讀み道を學び。經國の大計を論じ。古今の得失を議す。一旦變起らば、則はち戎馬の間に從ひ、敵を料(はか)り交を締(むす)び。長策を建てゝ國家を利す。是れ平生の志なり。然り、而して、天下の形勢に茫乎たらば、何を以て之を得んや」(原文は漢文。松下村塾藏書版)と。
 今日が平生であると看做すか、危急變事目前と見做すか、人それゞゝだ。然るに野生は未だ平生にあるとするの側だ。而して、平成の平生も 皇恩に浴するが爲めの結果だ。よつて必要以上の組織論や戎馬(※この場合は戰陣の意)を構成せんとするでなく、今は平生の志を研磨するあるのみ矣。

 無事、鹿島先生によるイヂメの標的から外れる能ふれば、また更新も保留となるやも知れないけれども、とにかく長い目で見守つてください。




 
[PR]

by sousiu | 2014-06-06 20:13 | 報告

<< 國學關連の書に就て。  なんぞ國つ神に背き他神を敬せむや  >>