カテゴリ:運動案内( 13 )

御案内申し上げ候ふ。 

【十月卅日 『朝鮮學校無償化・補助金支給反對デモ行進』の御案内】

 民主黨に政權が委讓されたものゝ、國民の期待に背反して失政は止まる處を知らず、昏迷は愈々深刻なものとなりました。
 その只中にあつて三月大變は出來しました。復興は牛歩遲々、加へて人災は擴大し、同政權による政策が國の本末を忘れ本を正さずして末に走り、その場しのぎの對應に目を奪はれてゐることは爭ふべからざる事實です。
 未曾有の重大事にありながら、猶ほ賣國政策に狂奔した菅直人前總理が朝鮮學校無償化を強辯したことは周知の事實でありますが、菅の去るも未だこの愚策が脈打つてゐることに激しい怒りを感ずるものであります。
 從ひまして此度び、この愚策を粉碎すべく「朝鮮學校無償化・補助金支給反對」デモ行進を行ひ、廣く國民に訴へんと意を決した次第であります。
 時節柄御繁忙のことゝ存じますが、諸先生・諸先輩、同志諸兄に於かれましては何卒御誘ひ併せの上御參加くださいますやう伏してお願ひ申し上げます。



◇日 時    平成廿三年 十月卅日(日曜日)雨天決行
◇集 合    十五時卅分
         第一部  十六時~      集會
         第二部  十六時四十分~ 徒歩デモ開始
         (注) 十五時前の現地入りはご遠慮ください。
◇場 所    横濱公園 (横濱スタジアム脇) 神奈川縣横濱市中區横濱公園 一番地
 ※ 日章旗・旭日旗・幟・ハンドマイク等歡迎致します
 ※ 原則として服裝は自由ですが、華美なるものや行進に適さない服裝は御遠慮下さい。
 ※ 駐車場の用意は御坐いませんので、交通機關を利用して御越し戴ければ幸ひで す。

〈呼び掛け〉神奈川有志の會 (呼び掛け人代表・海法 文彦)
義信塾・皇憂楠心塾・国風塾・護國鐵拳隊・大行社・大日本勝魂社・同血社・日本誠龍社・瑞穗塾・憂國清心同友會 (五十音順)

【聯絡先】  携帶電話 0九0の五五一六の七六八二 (海法文彦)
[PR]

by sousiu | 2011-10-04 18:49 | 運動案内

第十囘 9・29反中共デー東京大會の御案内  

 中共(中國共産黨=中華人民共和國)は敵國です。我が國土である尖閣諸島を侵略しようと妄動する「反日」「共産」「中華」の三惡國家である中共との友好は斷じて存在しません。
 昭和四十七年九月廿九日、我が國は中共との國交を樹立しました。來年は所謂「日中國交正常化」四十年となります。しかし、我が國と中共との關係が正常かつ友好的であつた事はありません。主權侵害、内政干渉、領土および領海の侵犯など、中共による敵對行爲は數限りなく繰り返されてきました。
 中共の脅威に晒されてゐるは、我が國だけではありません。滿洲、南モンゴル、東トルキスタン(ウイグル)、チベツトなどに對する侵略・虐殺・苛政。また臺灣に對する侵略の野望。さらに中共に支配されてゐる全ての人民たちの苦難。中共の存在は、アジア全民族の脅威であり、人類の敵と斷言出來ます。
 我々は草莽の有志として、祖國の危機を坐視する事は、斷じて出來ません。平成十四年九月廿九日、所謂「日中國交正常化」卅年の秋、我々は中共との國交斷絶を勝ち取る爲め、第一囘9・29反中共デーを開催しました。第九囘となつた昨年、東京だけではなく、北海道(札幌)でも、東北(仙臺)でも、中部(名古屋)でも、關西(大阪)でも、九州(福岡)でも、反中共デー鬪爭は展開されてゐます。
 第十囘となる本年も「9・29反中共デー」の旗の下、勝利を目指して、同志道友が共に起ち上がり、共に鬪ふ事を熱望します。勝利を信じて、鬪ひませう。


[日時]

 九月廿九日(木)雨天決行
  午前十一時~集會開始
  正午~行進出發

[場所]

 三河臺公園(東京都港區六本木四の二の廿七/六本木通り沿ひ/俳優座の横)


[合意事項]

 超黨派の運動のため、會旗など團體の旗の掲揚は禁止します。また、車輛での參加および徒歩行進に適さない服裝での參加はご遠慮ください。


[告知事項]

 東京大會だけではなく、北海道大會(札幌)も、東北大會(仙臺)も、中部大會(名古屋)も、關西大會(大阪)も、九州大會(福岡)も開催されますので、奮つてご參加ください。
[PR]

by sousiu | 2011-09-15 02:25 | 運動案内

十二・八 大東亞聖戰開戰記念 神奈川縣大會 御案内  

謹啓 向寒の候 諸先生、諸先輩に於かれましては益々御活躍のことゝ存じます。
扨而、戰後六十五年も愈々過ぎ去らんとしてをります。本年を總括すれば、「東亞細亞共同體構想」に憑依された民主黨政權の失策が相次ぎ、過日の支那不審船衝突事件を申す迄も無く、自虐崇外と云はんよりは自滅賣國の顯著たる一年でありました。その惡影響の至大、結果の危險は、一貫して民主黨政權の危惧を訴へた我らの豫期に倍し、後世に禍根を殘すに等しくあります。
然し乍ら今般の我が迷妄は、ひとり民主黨政權による責任に非ず、成る可くして成つた結果であると、我々日本人は眞摯に猛省すべきでありませう。
四十年前の昭和四十五年十一月廿五日、三島由紀夫氏、その檄文にて曰く、『戰後の日本が、經濟的繁榮にうつゝを拔かし國の大本を忘れ、國民精神を失ひ、本を正さずして末に走り、その場しのぎと僞善に陷り、自ら魂の空白状態に落ち込んでゆくのを見た』と。
かくなる事態を招來した一大事として、敗戰の擧げられることは爭ひ難き事實でありますが、GHQ撤退以降もこれを放置し、益々深刻なる状態を招きたる元兇は、ひとへに國民全員と云はぬまでも大半が戰後史觀に犯されてゐるゆゑと存じます。
民主黨政權の暴走は、日本再生の意識を國民に提供しましたが、憲法・領土・教育等、凡ゆる問題は今一つ改善をみるに至りません。それ即ち未だ戰後史觀の土壤にあるが爲めと存じます。よつて戰後史觀を拂拭する爲めに、我らは再び開戰の大義を江湖に訴へる可く、左記要領にて本大會を開催する運びと相成りました。
諸先生諸先輩、同志道友の皆様に於かれましては御多忙のことゝ存じますが、御誘ひ併せの上、御參加願ひますやう御案内申上げる次第で御座います。敬具

〈 日 時 〉平成廿二年 十二月八日(水曜日) 雨天決行
□ 第一部・集 會(十七時より)横濱大通り公園(横濱市中區萬代町一)
□ 第二部・徒歩行進(十八時より)集合地點・解散地點同じ
※日章旗・旭日旗・會旗・隊旗・大會の主旨に沿つた幟、プラカード、ハンドマイク等歡迎致します。
※原則として服裝は自由ですが、華美なるものや行進に適さない服裝は御遠慮下さい。
※駐車場の用意は御座いませんので、交通機關を御利用して戴ければ幸ひです。
※一般の方、亦は御家族・隣人の方々も御誘ひ併せの上、御參加下さいませば幸甚です。
〈呼び掛け〉神奈川有志の會 (呼び掛け人代表・伊藤滿:〇九〇‐八九四二‐二七五一)
菊水國防連合・義信塾・皇憂楠心塾・国風塾・盛道烈士會・大行社時対委員会・大日本勝魂社・大悲會・同血社・日本誠龍社・瑞穗塾・憂国清心同友会(五十音順)
[PR]

by sousiu | 2010-11-21 11:52 | 運動案内

今日のこと。

 本日は義信塾の主催する「横濱演説會」に參加。
 午前中に向ふ途中、「APEC横濱」の警備の凄さに吃驚した。幹線道路を迂囘した路地にまで機動隊と彼らのバスが隈なくある。「みなとみらい」に程遠き道であるが、所狹しと機動隊員の群れだ。
 斷續澁滯を經て「横濱演説會」へ。義信塾の此の演説會も囘を増す毎に盛況となつてゐる。
 警備の御蔭で遲刻したものであるが、到着まで「チヤンネル櫻」側と此方側とで一悶着あつたとか無かつたとか…、詳しくは識らない。聞けば市村悟兄と水島總氏とで一件落着となつたやうで何より。
f0226095_1244813.jpg


 演説會を中座して、市村悟兄に隨伴し、吉本蓮巳、盛義一諸賢と義信塾名譽顧問・淺井信吾大人之命の御靈に參拜へ伺ふ。

 演説會に戻り、終了後、「第五囘 文化傳承學會」へ。
 大東出版部發行『天皇論への示唆』、戰前から明治時代までの書籍を手にし、有志諸兄と約二時間を過ごした。正假名・正漢字を讀むやうになるには然程難儀ではない。異國の言葉なぞではないのだ。
 本道は、變態假名までを諸賢と共に學びたき欲も沸いたが、脱線に次ぐ脱線。時間も無く。變態假名はいつか將來的に「防共新聞」電腦版で福田賢兄が特輯するであらうと勝手に信じて、後日の樂しみにとつておきたい。苦笑。
f0226095_1263710.jpg



 其の後は懇親會。白熱の懇親會だ。埼玉縣、栃木縣から來訪する同志の情熱もさること乍ら、地元、神奈川縣維新協議會の諸兄も是れ亦た熱辯を揮つてゐる。
f0226095_128770.jpg



 小生、昨夜は昨日記載した書翰にて思ふところあり。朝方まで起きてゐた爲め、睡眠不足がたゝり、中締めで失禮し、今に至る。
 只今、市村兄に電話したところ、未だ十人くらゐでカラオケに夢中になつてゐるとか、ゐないとか。
 君子は危ふきに近寄らず、小生の信條だ。
[PR]

by sousiu | 2010-11-14 23:58 | 運動案内

十月十二日 『山口二矢烈士顯彰「賣國奴を討て!」全國連帶愛國行動』御案内

《山口二矢烈士顕彰「売国奴を討て!」全国連帯愛国行動の呼び掛け》

本年10月12日は、山口二矢烈士の義挙から50年となります。山口烈士は昭和35年10月12日に国賊浅沼稲次郎に天誅を下し、同年11月2日に自決されました。御命日の11月2日の午後6時からは、義挙の現場である日比谷公会堂において、五十年祭が斎行されます。そこで義挙当日の10月12日には、山口烈士の義挙を顕彰し意義を啓蒙するため、山口二矢烈士顕彰「売国奴を討て!」全国連帯愛国行動を展開することを呼び掛けます。
義挙当日の12日(火)が、9日(土)10日(日)11日(祝/月)と続く3連休の翌日ですから、9日から12日までの4日間で、可能な日時で可能な場所において、山口烈士を顕彰する活動を行っていただきたいと存じます。多数が1ヵ所に集まり大規模な運動を展開するのではなく、少数でも何ヵ所において運動を展開する方法です。例えば、地元の駅前などでハンドマイクを使って、1人だけの街頭演説がそうなります。それぞれは小規模になるかも知れませんが、大きな効果があるものと確信します。
準備不足の上、急な呼び掛けで恐縮に存じますが、ご理解ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

平成22年10月5日

[呼び掛け人]
桂田智司
坂田昌己
福田邦宏
舟川 孝
細田政一
前谷祐一郎
森川照男
(新仮名五十音順)

[事務局]
〒170-0003
東京都豊島区駒込6の27の11
電話03-3918-9524(三澤浩一)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

東京においては義挙当日、山口烈士の顕彰行進を左記の通り行います。
到着地の日比谷公園には、義挙現場の日比谷公会堂があります。
また当日は、若手活動家を中心とする演説会も開催されます。

[日時]
10月12日(火)
12:00 集合
12:30 出発
14:30 到着
15:04 義挙の時刻

[会場]
常盤公園(東京都中央区日本橋本石町4-4-3)

[順路]
常盤公園~東京駅前~銀座~数寄屋橋~新橋~日比谷公園

[演説会]
10月12日(火)12:00~
有楽町マリオン前

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

山口二矢烈士五十年祭

[日時]
11月2日(火)午後6時開会(5時30分開場)

[会場]
日比谷公会堂

[参加費]
1000円

[事務局]
山口二矢顕彰会
電話03-3459-6555


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

(原文マヽ)
[PR]

by sousiu | 2010-10-05 17:42 | 運動案内

十一月二日「山口二矢烈士五十年祭」御案内

山口二矢烈士五十年祭

[日時]
 11月2日(火)午後6時~開式(午後5時30分~開場)

[会場]
 日比谷公会堂

[参加費]
 1人1000円

[連絡先]
 山口二矢烈士五十年祭事務局
 〒105―0022
  東京都港区海岸1―6―1
    イトーピア浜離宮823号
  電話 03―3459―6555
  FAX 03―3208―0774



《山口二矢烈士五十年祭趣意》

国の為 神州男子 晴れやかに ほほえみ行かん 死出の旅路に

大君に 仕えまつれる 若人は 今も昔も 心変らじ

千早ぶる 神の御世代 とこしえに 仕えまつらん 大和男子は
 
国の為 たふれし人ぞ あるこそを 今の若人 育ち来らん

しきしまの 大和男子と 生まれなば 進まん道ぞ 一ツなりける

 山口二矢烈士の辞世である。
 山口烈士は、生きては反共の鬼となり国賊と戦い、死しては護国の神となり祖国を守ってくれている。山口烈士は神州とともに不滅なのだ。
 昭和三十五年、我が国は亡国の危機に瀕していた。昭和二十年八月十五日の敗戦により、我が国は敵国による占領という祖先がかつて味わったことのない屈辱のどん底に喘いだ。昭和二十七年四月二十八日には講和条約の発効により占領という戦争状態は終結し、我が国は主権を回復したとはいえ、我が国を犯罪国家と断罪する東京裁判史観と、我が国の弱体化を推進するための「日本国憲法」なる占領基本法が、我が国を呪縛し続けた。昭和三十五年には第一次安保闘争による狂乱の嵐が吹き荒れ、赤旗の波が全国土を襲った。共産主義革命の前夜との様相を呈し、まさに亡国の危機であった。
 大東亜戦争において、我が国に神風は吹かなかった。しかし、神は我が国を見捨てた訳ではない。激戦の最中である昭和十八年二月二十二日、神は一人の神州男子を祖国防衛の戦士として遣わせてくれたのだ。山口烈士の生誕である。祖国を救う使命を帯びて生を受けた山口烈士は、若いというよりも幼いと呼ぶべき少年のうちから、国体護持の闘争に挺身し激烈に戦った。昭和三十四年五月十日、大日本愛国党に入党。昭和三十五年五月二十九日、同志らとともに脱党。同年七月一日、全アジア反共連盟を結成。山口烈士は闘争の中、国民を扇動して日本赤化に狂奔し罪悪を流している左翼指導者を倒す以外に救国の道はないとの決意を固めた。同年十月十二日、山口烈士は国賊浅沼稲次郎に対して斬奸の剣を振るい天誅を下した。浅沼の死を確認した山口烈士は同年十一月二日、「天皇陛下万歳」「七生報国」の言葉を遺して自決、十七年の生涯を自ら閉じた。浅沼は中共という侵略者の走狗となった売国奴であり、危険極まりない邪悪な存在といえた。山口烈士が浅沼を倒すことにより、我が国は亡国の危機から救われた。山口烈士は少年の姿となり、現世に現れた護国の神である。
 本年十一月二日は山口二矢烈士五十年祭である。祖国日本を愛し山口烈士を敬慕する一同が志を同じくして、御祭を仕え奉り、山口烈士に感謝と尊敬の誠を捧げるととともに遺烈を継承して戦い抜くことをお誓い申し上げる。

   皇紀二千六百七十年 平成二十二年二月二十二日
     山口二矢烈士ご生誕六十七年の日に墓前にて
               山口二矢烈士五十年祭事務局
[PR]

by sousiu | 2010-09-28 01:04 | 運動案内

十月十一日「民主黨に物申す神奈川縣大會」御案内

 我々民族派が吹鳴した“民主黨政權阻止”の警笛も功成らず、政權が委讓され、既に一年が經過しました。顧みればこの一年間の時流は急速であり、國民の期待虚しく、民主黨政權に於ける特筆す可き成績は皆無であるばかりか、以前にも増して混迷を深めてをります。斯かる失政の原因を追究すれば、一つは安易に、且つ誇大公約を掲げたこと。もう一つは同黨の路線が左翼・反日思想に汚染されてゐるからに他なりませぬ。 前者は説明を要さず萬民の識るところであり、後者に付きましては外國人地方參政權・靖國神社に代はる國立追悼施設・夫婦別姓・一千萬人移民受入等々惡戲に反日政策を煽動して國論を二分し、國民の團結を攪亂してゐることに據ります。殊に默過すべからざるは、皇室に對します不謹愼な言動に盡くることゝ存じます。 政權政黨である民主黨が、これほどまでに國體觀念を動搖してゐようとは一體誰が想像しましたでせうか。  我々は今次、戰後の破壞思想が愈々熟成、醗酵しつゝあるを痛感し、鋭意啓蒙に徹す可く、打倒!民主黨政權を旗幟し、左記要領にて集會を開催する運びと相成りました。

 諸先生諸先輩、同志同友の皆様に於かれましては御多忙のことゝ存じますが、御誘ひ併せの上、御參加願ひますやう御案内申上げる次第で御座います。

            記

〈 日 時 〉平成二十二年 十月十一日(月曜日 祝日) 雨天決行
□ 第一部・集 會(十四時より)横濱大通り公園(横濱市中區萬代町一)
□ 第二部・徒歩行進(十五時より)集合地點・解散地點同じ
※日章旗・旭日旗・會旗・隊旗・大會の主旨に沿つた幟、プラカード、ハンドマイク等歡迎致します。
※原則として服裝は自由ですが、華美なるものや行進に適さない服裝は御遠慮下さい。
※駐車場の用意は御座いませんので、交通機關を御利用して戴ければ幸ひです。
※一般の方、亦は御家族・隣人の方々も御誘ひ併せの上、御參加下さいませば幸甚です。

〈呼び掛け〉神奈川有志の會 (呼び掛け人代表・吉本蓮巳)
愛心翼贊會・菊水國防連合・義信塾・皇憂楠心塾・盛道烈士會・大行社相模支部・大日本勝魂社・大悲會・同血社・日本皇論社・日本誠龍社・瑞穗塾・憂國清心同友會 (五十音順)
[PR]

by sousiu | 2010-09-28 01:01 | 運動案内

十月五日「第四囘 守れ!我が領土國民決起集會」御案内

《第4回「守れ!我が領土」国民決起集会》

中国の尖閣侵略を阻止せよ!

[日時]
10月5日(火)午後6時30分開会(6時開場)

[会場]
文京区民センター3A会議室(東京都文京区本郷4-15-14/東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園」/都営三田線・大江戸線「春日」)
※定員約400名・予約不要
※文京シビックセンターではありません

[登壇者]
平松茂雄(元防衛研究所研究室長)
西村眞悟(元衆議院議員)
宮崎正弘(拓殖大学日本文化研究所客員教授)
佐藤守(軍事評論家・元空将)
伊藤哲夫(日本政策研究センター代表)
山谷えり子(参議院議員・領土議連会長)
松原仁(衆議院議員・領土議連事務局長)
ほか有志国会議員
(順不同/敬称略)

[入場無料]

[主催]
日本の領土を守る会(代表・加瀬英明)
東京都文京区本郷1-28-36-301 展転社気付
電話03-3815-0721
FAX03-3815-0786
[PR]

by sousiu | 2010-09-27 22:59 | 運動案内

十月二日「シベリアハバロフスク慰靈祭報告會」御案内

《シベリアハバロフスク慰霊祭報告会》

 本年8月31日、帝国軍人60万人以上が不法にソ連によって抑留され、数十万人の尊い生命が厳寒の中、帝国軍人としての誇りも希望も奪われシベリアの大地に消えた現地で、湯澤貞靖國神社第8代宮司として慰霊祭を齋行させて頂きました。

 日本人として生まれ育ち、歴史を学び、大東亜戦争、靖國神社を知り、国家が未だに神となられた先人との約束を果たしていないことに憤りを隠せません。今回の報告会は、単なる集会とせず、今後に結び付け、1日も早く、無念のみたまにご安心いただけるよう具体的な活動を考える1歩としたいと存じます。

 公私共にお忙しいとは存じますが、支那中共の軍事的脅威に打ち勝つため、日本人の武士道復活のため、先人との約束を果たすためにご参集頂ければ幸甚に存じます。


[日時]
 平成22年10月2日(土)午後1時より

[シベリア抑留体験談]
 相澤英之先生(元衆議院議員/予定)
 他 陸士58期の方にお願いしております。

[慰霊祭報告]
 神屋宗太郎君(大東会館学生寮寮生)

[会場]
 靖國会館(偕行東の間)

[費用]
 シベリア慰霊祭に賛助頂いた方々はご招待とさせて頂きます。
 一般の方はお1人様1000円お願い致します。

[ご注意]
 お車でお越しの際は出来るだけ靖國神社有料駐車場をご利用下さい。
 駐車券は事務局までお持ち下さい。
[PR]

by sousiu | 2010-09-27 22:57 | 運動案内

九月廿九日「反中共デー東京大會」御案内

 陸續したる國辱出來、國難襲來の折柄、有志による祭事竝びに集會を下記に轉載申し上げ(原文マヽ)、諸賢の御贊同、御參列を希ふ次第である。三拜九拜


《第9回9・29反中共デー東京大会》


 本年11月2日は、山口二矢烈士の五十年祭です。山口烈士は昭和35年10月12日、国賊浅沼稲次郎に斬奸の刃を振るい天誅を下し、11月2日に自決されました。浅沼は媚中派売国奴の巨魁であり、我が国を「反日」「共産」「中華」の三悪国家である中共(中国共産党=中華人民共和国)に売り渡そうとしていました。山口烈士の義挙は、侵略者や売国奴どもへの正当防衛的反撃であり、中共の侵略を阻止する多大な功績がありました。
 昭和47年9月29日、我が国は中共との国交を樹立しました。しかし、我が国と中共との関係が正常かつ友好的であった事はありません。靖国神社に対する冒涜、歴史教科書への介入、我が国の領土および領海への侵犯…など、中共による主権侵害や内政干渉は数限りなくあります。中共の脅威は、我が国だけではありません。満州、南モンゴル、東トルキスタン(ウイグル)、チベット…などに対する侵略・虐殺・苛政。また台湾に対する侵略の野望。さらに中共に支配されている全ての人民たちの苦難。中共は、アジア全民族の脅威であり、人類の敵と断言できます。
 我々は草莽の有志として、祖国の危機を坐視する事は、断じてできません。平成14年9月29日、所謂「日中国交正常化」30年の秋、我々は中共との国交断絶を勝ち取る為、第1回9・29反中共デーを開催しました。第8回となった昨年は、東京だけではなく、北海道(札幌)でも、東北(仙台)でも、中部(名古屋)でも、関西(大阪)でも、九州(福岡)でも、反中共デー闘争は展開されています。第9回となる本年も「9・29反中共デー」の旗の下、勝利を目指して、同志道友が共に起ち上がり、共に闘う事を熱望します。


[日時]

9月29日(水)雨天決行
午前11時~集会開始
正午~行進出発


[場所]

三河台公園
(東京都港区六本木4の2の27/六本木通り沿い/俳優座の横)


[合意事項]

超党派の運動のため、会旗など団体の旗の掲揚は禁止します。また、車輛での参加および徒歩行進に適さない服装での参加はご遠慮ください。


[告知事項]

9月29日には東京大会だけではなく、中部大会(名古屋)も、関西大会(大阪)も、九州大会(福岡)も開催されますので、奮ってご参加ください。9月26日には北海道大会(札幌)と東北大会(仙台)が開催されました。


[第9回9・29反中共デー東京大会共闘委員会]

秋山一成・荒岩宏奨・石田和久・市村悟・伊藤満・大口富美幸・大熊雄次・小曽戸清裕・加藤順一・河原博史・菊池慶雄・草壁悟・工藤正也・小針政人・坂田昌己・志村馨・杉山英雄・鈴木信行・鈴木浩己・貴田誠・武井美喜也・竹内恒夫・内藤芳弘・中上清志・中野順二・中野文勝・仲程通也・浜本英二・針谷大輔・平田佐喜雄・福田和久・福田邦宏・藤田学・舟川孝・三澤浩一・水谷浩樹・盛義一・山口一夫・山口秀明・山田一成・山田英智・横山孝平・横山幸男・吉田誠司・渡部健一(新仮名五十音順/平成22年9月26日現在)


[事務局]

TEL/FAX03-3918-9524(三澤)
[PR]

by sousiu | 2010-09-27 22:54 | 運動案内