<   2011年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

人心の同じからざることその面の如し  

 本日は、毎年九月廿九日に行はれる『反中共デー東京大會』の打ち合はせに參加。今年で十囘目となる。
 案内文は後日、當日乘でも告知するとしたい。


 政界は相ひ變はらず亂れる麻の如く、だ。なかゝゝ快刀亂麻を斷つの者、或いは大同團結を成すの者は出現しない。有事と云はん、平時と云はん。古今未曾有の人災下にあつて未だ民主黨は擧黨一致も儘ならぬ。
 民主黨の代表選も野田やら海江田やらとマスコミが騷いでゐたが、國民大半の本音は「どちらでも宜い」といつたところではないか。一ト頃から、「國民の政治離れ」が指摘されてゐるやうだが、ひとり國民の無關心にその責めありとすることは餘りにも亂暴といふものだ。
 古今、國民は確かに蒙昧の側面もあるかもわからぬが、敏感であることも是れ又た確かだ。要するに、政治に希望が持てないのだ。
 事實、菅が總理になつて喜んだ人の話しを聽いたことがない。鳩山の時だつて然りだ。喜んだのは彼れらの取り卷き連だ。國民皆が如何でも宜しい、とまでは思うてをらぬにせよ、希望を投ずるに價する一人の政治家がをらぬと思うてゐることも又た確かであらう。

 現在の政界に眞箇たる保守黨なぞ見當らない。保身黨ばかりだ。今日、國民の先頭に立つ可き者らが、政治を運營する者らが、一體如何なる手本を國民に示してゐるといふ。黨利黨略に留まらず個利個略、その殘黨は附和雷同、結局は離合集散。個々は己れの安泰を只管ら念じ、物慾色慾、名譽慾…、國事よりも私事を優先し少しも憚るところがない。彼れらの精神と生活を國民が眞似せんとすれば社會は、日本は如何なるといふのだらう。
 遺憾ながら、今日にみる日本の行き詰まりは、社會乃至政治制度の缺陷にある。だが、これでは觀察も五十點だ。正邪の混沌とする政界は、その住民の心の顯はれだ。つまり殘る五十點は人だ。然るに正邪の混沌、動搖、麻痺は政治家のみに非ず。一億三千萬總じて吾人は今日ある日本の醜態を鑑み、深く省察するところあるべし。

 我利我利盲者ならでは、今日の民主黨内部の不和は寧ろ當然のことだ。自民黨てふ巨大な敵に取つて變はらむとする迄は彼れらは協戮、一致した。政權を手中に收めた途端、時日も俟たず、終始この有り樣だ。視野に大觀なく、小觀あるのみ。眼中に國家なく、己れあるのみ。見識は將來になく、今日にあるのみ。結果、同士打ちの繰り返へしだ。

 されど。まことに殘念ではあるが、かうした同士打ちは我が周邊にも滲透してゐるやうだ。
 今日の會合の歸へり際に、三澤浩一先輩が今度、『河原をヤツつける會』だか『河原を懲しめる會』だか名前は失念したが、兎に角、野生にとつて迷惑千萬な酒席を開く、と云ふ。固より野生に懲しめられねばならぬ理由が思ひ浮かばない。
 てつきり野生は諸先輩から可愛がられてゐるとばかり思つてゐた。嗚呼、而もこの解同の糾彈會の如き計畫には横濱の瑞穗塾・伊藤満先輩も加はつてゐるとか、ゐないとか。義信塾の市村兄も誘はれてゐた。道の兄の如く慕つてゐた丈に未だ我が兩耳を信じることが出來ない。
 だが諸先輩の場合、一時間も絡まれてゐれば、その内、飽きて別な話題で盛り上がる。
 陣營は皆、清貧。利權に塗れた政界住人との、これは大きな違ひである。
[PR]

by sousiu | 2011-08-30 03:04 | 日々所感

殘暑候 皆樣御息災に御座候哉  

 廿五日は青梅市の勤皇村へ。
 廿六日は、阿形先生の御誘ひを受けて群馬縣桐生市へ。先生の、殘暑を樂しむべしといふ御高配を賜はり、川沿ひにある桐生簗で、存分に鮎を食べさせていたゞいた。
 オタクも偶には樂しむし、涼む。大日本朱光会諸賢に交つて、諸先輩や同志と久し振りにゆつくりとした時間を過ごした。

f0226095_2142917.jpg

↑↑「桐生簗」からみた景色。夏の疲れも癒えるやうだ。

f0226095_215831.jpg

↑↑阿形充規先生と頭山興助先生。

f0226095_2152641.jpg

↑↑大日本朱光会諸賢。

f0226095_2154886.jpg

↑↑目代兄とわれゝゝ。「山口秀明と愉快な仲間たち」(この日限りの名稱)

f0226095_216986.jpg

↑↑鮎。いたゞきます。


 夏もそろゝゝ終はりだ。今夏は時間に追はれた夏だつた。
 機關紙のみならず、日乘もまともに更新しなかつた。
 さういへば朱光会の目代兄だつけか、防共エクスプレスの福田兄だつたか。愛倭塾の因業おぢさんか、市村兄か、將た又た山川君か・・・、或いは全員だつたか覺えてをらぬが、簗で殘暑を滿喫してゐる最中に、我が日乘が遲れてゐることの話題となり、御叱責を賜はつた。曰く、『ブログ、止まつてゐるぢやん』と。いやはや、何とも面目ない・・・。きちんと反省してをります。

 ・・・いや、まてよ。

 目代兄の日乘は内證らしく教へてもらつてゐないのでわからないが、福田兄と因業おぢさんは野生よりも日乘を更新してゐない。抑も市村兄と山川君に至つては日乘をやつてすらゐない。吁。
 これ以上、思ふことを語ると諸賢、申し合せたやうに野生の電話番號を着信拒否する恐れがあるので愼まねばなるまいが、天下を搖るがす可くの右翼にはかうした型破りなこと(善く云へば)を云ひ出す御仁が多い。
f0226095_2162973.jpg

[PR]

by sousiu | 2011-08-29 01:54 | 報告

これまでの價値觀との訣別  

 野生は嘗てのバブル期に、何らその恩惠に授かつたものではないのでよくわからないが、湯水の如く金が湧き出て、爾して湯水の如く金が遣はれるあのやうな異常な時代に、多くの人達が恰も藥物ならぬ享楽の中毒患者の如くなつてしまつたと聽く。
 欲しくもないブランド物を揃へてみたり、疲れてゐるのに高級クラブへ通つたり。銀座のクラブで一日百萬圓遣つて歸へりのタクシーで財布をみると、「あれれ、まだ五十萬圓殘つてた」と、かういふ人も珍しくなかつた、と。
 かうした時代に、『金權全能、黄金萬能の社會の根を枯らさねばならない』などと訴へてみても、政治家は云ふまでもなく、國民の中にも耳を傾ける人は尠い。尠いといふよりも僅少といつた方がより正確であらう。
 人は享樂に魂を奪はれてゐるとき、思想を重んじることが得てして六ケ敷くあるやうだ。更らに深刻なことは、かうした毒々敷くも華やかなる時代がいつまでも續くと信じ、或いは願つてしまふといふことだ。

 だが、今の日本人は違ふ。固よりバブル期は去つて久し。だがそれよりも何よりも、三月大變を經驗し、華やかなる時代は續かぬどころか、死生巖頭の淵に立つた人すら尠くない。つまり享樂が身近である時代は終はり、死を身近に感じる時代が到來したのである。今猶ほ、天災は息む能はず、人災の筆頭と目す可き放射能汚染も已然として擴大したるに於てをや。


 さういへば自衞隊出身者の鈴木田君が云うてゐた。自衞隊でも落下傘部隊の諸君は頗る意識が高いのだ、と。
 落下傘部隊は稀とは雖も、訓練中に死することがあるといふ。さういつた死と隣合はせの環境の中で毎日を送る人は、必然として己れの生命に就て深く考へざるを得ず、國家と自分との關係を理解せねば務まらないのかも識れぬ、と。


 死を身近に感じると人は享樂の中毒から覺めざるを得ない。
 曾子の云ふ『人のまさに死なんとするや、その言や善し』(論語)などゝ勿體ぶつた言を出すまでもなく、明日死する運命にある人が、殘された最後の一日に金儲けなぞしない。人と見榮を竸ふこともない。況んや最新のブランド物を調べて欲しがることもない。天災が直撃した被災地で、帽子から靴までブランドで身を固めて、それが一體何の價値を持つといふのだ。
 死を身近に感じるといふことは生を感じるといふこと。このやうに覺醒された民にとつて、虚飾の持つ力なぞあまりにも乏しくある。
 この先、日本人は思想や信仰の渇望者となるであらう。
 その時、俗に云ふ需要と供給の關係は成立するのであらうか。當然、望まれざる思想や宗教の跋扈もあるだらう。眞に皇國の中興を志す者は、出自のあやしむべき教へは出來る丈、早期に流産せしめねばならぬ。だが、それ丈では駄目だ。
 近未來的に、日本の純乎とした思想を唱へる者は試されるときが來る。保守派が、既成の體制を批判するものではあつても、導く力に缺けるやうでは、民主黨が自民黨を倒すまでの存在意義しか無かつたことゝ同質のものである。
 須く、志ある者は己れの尊皇の基礎を固めて、固めて、そして固める可し。


 さういへば、亞米利加東部で廿三日、マグニチユード五・八の地震が起きて街がパニツクに陷つたとか。彼れらにとつては九十八年振りださうで、嘸ぞ恐怖し、一瞬でも頭に「死」が過つた人とて少なくはあるまい。向かうでは震度といふ單位が用ゐられてゐないので解らないさうだが、どうやら日本でいふ震度三、四に相當したのださうだ。日本ではそれくらゐの搖れは日常だぜ。子供だつて泣かないくらゐ、みな強くなつてゐるよ。えつへん。
 米國人も「大國」といふ虚飾をそろゝゝ捨てたはうが宜しいな。
[PR]

by sousiu | 2011-08-25 01:30 | 日々所感

おはやう御座います

 御無沙汰してをります。

 隨分、日乘から遠ざかつた毎日でした。御訪問くださつた方には大變申し譯ありません。
 何せ、オタクは一寸、表へ出た丈でも疲れて々ゝゝ・・・。

 明日以降、居留守をしないやうにしますので、何卒、是れに懲りず、御來車あらむことを。
[PR]

by sousiu | 2011-08-23 03:47 | その他

石川縣へ行つてまゐります。  

 本日から三日間、阿形充規先生、大日本朱光会諸賢と、愛心翼贊会・山川裕克君とで、「大東亞聖戰記念大碑護持会」主宰の『大東亞聖戰祭』に行つてまゐります。

 更新もまゝならぬかと存じますが(いつものことか、吁)、御容赦あらむことを。
[PR]

by sousiu | 2011-08-03 06:09 | その他

スローガン  

 『北方領土返還』『日教組粉碎』『政治倫理の確立』・・・、これらのスローガンは對象者、或いは機關に打附けることを主としたものだ。露大へ、日教組々合員や彼れらの群がる集會場へ、永田町へ、といふ具合ひだ。

 一方、『戰後體制脱却』『忠孝兩全』『敬神崇祖』等の言葉は、向けられたる先が一般の大衆であつてこそ效果が見込まれる。まあ、一般大衆といふよりも、現在では一層のこと、全國民と云つてしまはう。

 前者は必然として政治色を強く帶びてゐる。後者は必ずしもそればかりではない。後者が六ケ敷あるのは、前者が發言者の政治的要求に留まることに對して、後者は先づ自づからそれを實踐してゐなければ單なる言葉遊びに終始してしまひ、荒唐無稽となつてしまふからだ。
 よし、極惡非道の徒が聖賢の道を説き、強姦魔が女性の貞操を諭し、天下の大泥棒が少年少女の萬引き行爲を叱咤したとする。一體、耳を貸してくれる御仁の誰れがあらう。

 かうした世の中、前者の類ひで云ひたいことは山のやうにある。野生のやうな淺薄な慷慨屋から風呂屋の番頭まで、みな云ひたいことの塵は既に山積してゐるに違ひない。
 されど。かういふ時代だからこそ後者の如きスローガンを重要視したい。大衆や全國民には、ほかならぬ、自分も含まれてゐることをゆめ忘れることなく、だ。

 それにしても幕末、天下公論となつた『尊皇討幕』の四字。改めて考へると見事だねえ・・・。前者と後者を毫も不自然なく融和させてゐるものなア。然も嫌らしさが全くなく、寧ろ清々しさに溢れてゐる。

 今日に最も要せられるべきスローガンは何だらう。
[PR]

by sousiu | 2011-08-02 10:29 | 日々所感

甚だ御無沙汰致居候。  

 今まで市村悟兄と電話で長々、今後の展望に就て語り合つた。有意義であつた。
 電話で話しながら夜食にと近所のラーメン屋へ行つた。
 店内で電話は迷惑なので注文だけを濟ませ、外で話してゐると妖しげなものが壁にモゾヽヾと。
 よくゝゝみると蝉が羽化する瞬間であつた。初めて實際を目撃したのだが、まこと神祕的であつた。
 飛び立つところまで見守りたかつたのであるが、店員が「つけ麺出來たましたよ」と呼びに來たので仕方ない。

 蝉も蛇もみな、脱皮出來ぬといふことは、即それ自らの滅ぶるを意味することなのだなア。

f0226095_263194.jpg

f0226095_26576.jpg

[PR]

by sousiu | 2011-08-01 02:08 | その他