<   2012年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

またまた無沙汰致しました。

 昨日は大東塾十四烈士六十七年祭に參列(大東神社)。
 直會に參加すると、歌道講座の先輩である某女史(御迷惑を御掛けしてもならぬので御尊名は控へます)より、「ブログ見てをります」と、竊かに更新を勵まされた。
 過日も大東會館で眞由美先生より「ブログ何うしたの」と。
 淑女より勵まされては野生、俄然筆とる氣も起きるといふもの。

 一向不思議なことであるが、塚本兄、日文字先輩の勵ましでは、何故にか力瘤も今一膨らまぬ。吁。
 況んや武者繪にでも出て來さうな“鐵拳親父”“虚け者”兩氏の勵ましに於いてをや。
 まつたく面妖なものである。苦笑。

 まア、また少しづゝリハビリを兼ねて更新してゆきますので、氣長に見守つてください。


 ところで、日乘と云へば、實家で貴重な日記が出て來た。
 尤も野生にとつて貴重なだけで、他の人には何ら値打ちのあるものではない。
 野生の子供のころの日乘だ。
 野生は事情あつて幼稚園は年長の途中までしか通つてゐないので(それから小學校入學まで無職・・・いや、無所屬)、内容から察するに五、六歳のころのものだ。↓↓↓
f0226095_1262813.jpg

 昭和五十一年九月十四日火曜日(天氣は不明)、河原博史曰く、
 『おかあさん、ごめんなさい、ぼくはわるいことをしたからごめんなさい。ぼくはおかあさんをしんじています。でもぼくはこんだけ199こもけんかおしました、ほんとにごめんなさい』と。
 一體、當時に何があつたのか皆目見當も付かないが、一つ發見し得ることは、これほど懺悔してゐることからも、當時から言ひ譯を申さず、且つ親思ひな孝子であつたに違ひない。
 因みに、河原(幼)日乘は第一頁から、十一囘目のこの記事で終はつてゐる。
 「一艸獨語」は開帳して既に二年以上が經過してゐる。茲で特記せねばならぬのことは、これでも當時に比べれば大幅に成長したと、一つの評價に値することだ。
f0226095_1244198.jpg


 何にせよ、氣長に見守つてください。


       どうでも宜しい記事でしたね。でも、リハビリだから。
[PR]

by sousiu | 2012-08-26 12:04 | その他